日本最大級の日本刀総合サイト・JSi刀剣市場
MENU
ゲスト様 JSi刀剣市場へようこそ!

日本刀の所持について

日本刀を所持するのに免許や警察の許可は必要ありません。
ただし、日本刀には一振ごとに「銃砲刀剣類登録証(以下、「登録証」という)」というものが付いています。
これは車の車検証のようなものです。従ってこれは刀に付くもので、人に発行される免許証などとは異なり、「登録証」には所有者の名前などの記載はありません。
「登録証」には何が記載してあるかと言いますと、種別(刀、脇指、短刀など)、長さ(刃渡り)、反り、目釘穴の数、刀工などの銘文です。
これが付いていない日本刀を所持していると、不法所持となり懲役、または罰金が科せられます。
ただ、代々続く旧家などの場合、整理していたら蔵の奥から「登録証」の無い刀が見つかることもあるかもしれません。
この場合は、刀を持って警察署へ「発見届け」の手続きをしに出向いてください。
派出所ではなく、所轄の警察署です。
警察署までの道中、「登録証」なしで持ち歩くことになりますが、届出に行くのですから問題ありません。保安課が担当ですので、刀が出てきたことを届け出ると、書類を何枚か書くことになります。何処から、どういう状況で出てきたのかが主になります。
その刀が必要なければ任意提出で置いて帰ることも出来ます。
手続きが済むと、届け出済みの書類と刀を返してくれます。次に書類に書かれている日時に、指定場所(県庁など)に刀と登録済み証を持って行き、登録証発行の審査を受けます。
登録証が発行されるには日本刀であることが条件です。
日本刀の条件とは、伝統的な鍛錬を行い、焼き入れを施したもので、価値のあるものにのみ発行されます。価値とは値段のことではなく、日本刀として美術的に価値があるかどうかです。
つまり表面的な錆であれば研ぎによって本来の姿を取り戻せますが、芯まで錆びているようでは登録証は発行されません。
また鉄をただ打ち延ばして刃を付けただけのものや、戦時中に車のスプリングとして使用されていた板バネを加工したいわゆるスプリング刀や、一部の軍刀のように洋鉄を使って作られたようなものにも発行されない場合があります。
判別は専門の人たちが来て審査し判断します。ただ、この時「登録証」に記載される刀工銘は、実際に中心(なかご)に切られている銘をそのまま記載するので、イコール本物であるという証明では無いので、注意してください。合格すれば、その場で登録証が発行されます。なくさないよう大切に保管して下さい。
なお、鞘に輪ゴムで巻き付けておいても構いませんが、できれば通帳と印鑑のように別々に保管することをお勧めします。