日本最大級の日本刀総合サイト・JSi刀剣市場
MENU
ゲスト様 JSi刀剣市場へようこそ!

梅樹に明烏図縁頭 「弘化三年丙午八月 春明法眼[花押]」


特別保存鑑定書

梅樹に明烏図縁頭 弘化三年丙午八月 春明法眼[花押]」

縁口径: 3.82cm

頭径: 3.54cm

鯉口径: 2.77cm


時代: 江戸

格付: 特別保存刀装具鑑定書 平成2年10月31日 発行

■■作品見所■■

朧銀磨地、高彫色絵、金平象嵌。
正真在銘作が希少な名工「春明法眼」の手による「明烏図」。その構図・作域は格調高く、雅味があり、弘化三年八月日の年紀も入り、資料的にも価値高い逸品。「春明法眼」は、諸国遊歴を好み、主に東北地方に向かい会津若松や鶴岡に滞在した。さらにこの旅では待遇の良い旅先では名作を残すが、待遇の悪いところでは凡作しか作らなかったという逸話がある。

▶︎ お気に入り作品に登録 ▶︎ お気に入りショップに登録